本当に虫歯に効果のあるガムを選んでいますか?blog

歯にいいガムって聞けば、キシリトールが思い浮かぶ人が多いと思います。キシリトールは砂糖の代替甘味料として1997年代ごろから使われ始め、歯にいいガムとしてキシリトール入りシュガーレスガムが各社から販売されました。
今となってはキシリトールじゃないガムのほうが少ないくらいじゃないでしょうか。
代替甘味料としてキシリトールを用いたガムを第一世代とすると、脱灰(酸によってカルシウムが失われた)した歯の再石灰化を促進する成分を配合したガムが第二世代となります。こちらも各社からガムが販売されています。
そして第三世代のガムとして、虫歯予防に留まらず初期の虫歯を修復する機能をもつガムが販売されるようになりました。今のところ第三世代のガムは POs-Ca(ポスカ)だけです。さらに、歯にいい成分として、ポスカにフッ素を配合した歯科医専用のガムがポスカFです。

本当に虫歯に効果のあるガムを選んでいますか?

プラークは歯磨きで頑張って取り除くとして、酸でハイドロキシアパタイトが溶け「脱灰」にならないこと、脱灰しても再びカルシウムを取り込みハイドロキシアパタイトを復活させる「再石灰化」ができれば虫歯にはならないと考えられます。

プラークは歯磨きで頑張って取り除くとして、酸でハイドロキシアパタイトが溶け「脱灰」にならないこと、脱灰しても再びカルシウムを取り込みハイドロキシアパタイトを復活させる「再石灰化」ができれば虫歯にはならないと考えられます。

ポスカFには、脱灰予防と再石灰化が効果が期待できるものになります。
ポスカFは再石灰化すると共にハイドロキシアパタイトの再結晶化も促し、虫歯予防どころか初期虫歯までも治す効果があるガムになります。

ポスカFは唾液中のカルシウムとリンを最適化
歯のハイドロキシアパタイトは、カルシウム10個とリン6個が結合してできています。

カルシウムとリンがこの割合になった時に最も歯に吸収されやすくなります。
ところが、通常の唾液中のカルシウムとリンの比率は、リンの方が多くなってしまっています。これを理想の割合に変化させるのがポスカFになります。
ポスカの主成分「POs-Ca:リン酸化オリゴ糖カルシウム」は、カルシウムを唾液中に溶かし、カルシウムとリンの比率を理想の割合に近づける作用があります。

そうして、効率的に歯の再石灰化が進み初期虫歯を治してしまうということになるわけです。
1回に2粒、20分くらい嚙み続けると唾液が理想割合に近づき再石灰化が促進します。

本当に効果のあるガムを選ぶならポスカFをおすすめしております

http://www.nakamura-shika.net/blog/post-17/