歯医者に通うのが困難な方へ(訪問歯科)

  • ホーム
  • 歯医者に通うのが困難な方へ(訪問歯科)

当院の訪問歯科診療について

「足が悪くて歯医者に行けない」「高齢なので定期的に通えない」「病気により自宅療養中で外に出られない」という方に、「なかむら歯科医院」では訪問歯科診療を行っています。

高齢化が進むなか、歯科医院への通院が難しい方が増え、ドクターや歯科衛生士がご自宅にお伺いする訪問診療の必要性がますます高まっています。虫歯・歯周病の治療や予防、入れ歯の調整などに対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

お口の健康が豊かな暮らしを作ります

「食べること」は私たちにとって生きるために欠かせない行為であるとともに、ひとつの楽しみでもあります。そのため、お口を健康に保つことは心身どちらにとっても大切なことです。お口の状態が悪いにも関わらず歯医者に行くことができない高齢の方・障害をお持ちの方は、どうぞお気兼ねなく当院まで、訪問診療のご相談をいただければと思います。

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)に向けた取り組み

QOL(Quality Of Life)とは、人生や生活の質を表す一つの指標です。現在、高齢化社会に向けて、国や地域では「QOL向上」への取り組みが活発になってきています。訪問歯科診療もその一環です。当院は開院してから約40年以上地域に密着した歯医者として、通院できない方のご自宅や施設にお伺いし、お口のお手入れや治療を行っています。

こんな時にも訪問歯科診療をご利用ください

入れ歯が合わない・入れ歯が痛い

食事中に入れ歯がズレたり、外れたり、痛みを感じたりすると、心身ともにストレスがたまってきます。合わない入れ歯を使っていると、食べ物がうまく咬めず、栄養も十分に摂れなくなります。院内に併設された技工所を持つ当院なら、ドクターと連携しながら専属の歯科技工士が調整を行い、お口にぴったり合う入れ歯に調整いたします。

口臭が気になる

口臭は、お口にトラブルが起きているサインでもあります。「以前より口の臭いが気になる」という方は歯周病などの可能性がありますので、早めにご相談ください。歯周病を放置していると、せっかくの歯が抜けてしまうかもしれません。

歯が痛い、歯ぐきから血が出る

虫歯や歯周病が進行すると、その痛みから食欲が落ちて抵抗力が低下することもあります。「歯の痛みがひどくなってきた」「ブラッシングすると歯ぐきから血が出る」という症状がある方はご相談ください。

口の中をきれいにしたい

お口のなかがネバネバしてすっきりしない場合は、歯科衛生士が専用の器具を用いてクリーニングいたします。お口を清潔に保つことで、虫歯や歯周病などを防ぐことができます。

対応エリアについて

「なかむら歯科医院」では大阪府柏原市を中心として訪問歯科診療を行っております。市外への訪問につきましても、お気軽にご相談ください。

ご家族の協力が不可欠です

高齢化が進むなか、訪問歯科診療の必要性はますます高まると予想されます。通院が難しい患者様のお口の健康を守るには、ドクターや歯科衛生士の力だけでは難しく、ご家族、ケアマネージャーの方との連携が重要になります。当院は皆様としっかりコミュニケーションを取ったうえで、最適な治療法・ケア方法をご提案いたします。治療やケアを行ううえでご家族の方にご協力をお願いすることもあるかと存じますが、どうぞご協力のほど、よろしくお願いいたします。

嚥下障害について

嚥下(えんげ)障害とは、食事のとき、食べ物をうまく飲み込めない状態をいいます。食べ物がのどに詰まったり、むせたりする経験は誰にでもありますが、食事のたびに食べ物を飲み込みにくいと感じるようになったら、嚥下障害の可能性があります。
嚥下障害があると食事を楽しめなくなり、あまり食べないことで栄養が不足して体調を崩す可能性もあります。また、食べ物が喉に詰まる危険性もあるため、注意が必要です。

誤嚥性肺炎について

誤嚥(ごえん)性肺炎とは、唾液や食物、胃液などが気管に入りこむことで起きる肺炎のことです。嚥下障害のある方は特に誤嚥性肺炎のリスクが高く、高齢者の方は注意が必要です。

ご家族の前で嚥下障害と思われる症状が見られたら、早めに診療を受けましょう。嚥下障害は、腹式呼吸による「呼吸トレーニング」「発音のトレーニング」、口周辺の緊張を和らげる「首・口・舌のトレーニング」といったリハビリテーションで改善されることがあります。訪問診療で上記トレーニングについても対応いたしますので、ご相談ください。

お口の健康のためには、定期検診・メインテナンスが何よりも大切です。

なかむら歯科医院の予防歯科について

お子様の歯を守るのはご両親の大切な役目です

なかむら歯科医院の小児歯科について