インプラントを考えている(インプラント治療)・ 入れ歯が合わない(義歯治療)

  • ホーム
  • インプラントを考えている(インプラント治療)・入れ歯が合わない(義歯治療)

歯を失ってしまった方へ~インプラント治療・入れ歯治療~

「歯周病がひどく悪化して歯が抜けた」「転んで歯が折れた」など、何かの事情で歯を失ってしまった場合、できるだけ早めに治療を受けることをおすすめいたします。歯が抜けたまま放っておくと、抜けた箇所の隣の歯がだんだんと横に傾き、歯並びが乱れてしまいます。そうなると歯の隙間に食べカスが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病といったトラブルを招きやすくなってしまうのです。

歯を失った方は「インプラント治療」や「入れ歯治療」などで、咬む力を補うことができます。当院では、治療前にカウンセリングを十分に行い、患者様に合わせた治療計画をご提案いたします。

  • インプラントをお考えの方へ
  • 入れ歯をお考えの方へ

当院のインプラント治療について

インプラント治療とは

歯を失ってしまった部分の顎の骨にチタンなどの人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の歯を装着する治療法です。

治療のメリット

インプラント治療を行うと、かたいものでもしっかりと咬むことができ、自分の歯と同じような機能性を回復することができます。また、セラミック製の人工歯は色合いが自然の歯とよく似ているので、見た目がきれいに仕上がるのも魅力です。

インプラント治療の流れ

当院のインプラント治療がどのように進んでいくかご説明いたします。

カウンセリング

歯が抜けた原因や症状を聞きながら、ご要望をお伺いいたします。お悩みや質問・疑問がありましたら、どんなことでもご相談ください。

検査・治療計画の提案

レントゲン撮影で口腔内や歯ぐきの状態を確認したり、咬み合わせチェックを行ったりしながら、お口の状態を検査し、的確な治療計画を立てていきます。患者様にわかりやすくご説明いたしますので、不安や疑問がありましたら、気兼ねなくお話しください。患者様にご納得いただいてから治療に入ります。

術前処置

虫歯や歯周病にかかっている場合は、先に治療を行い、咬み合わせを整えてからインプラント治療に入ります。

インプラント埋入手術

顎の骨にインプラントを埋め込む手術を行います。素材によっては1本あたり15分程度で処置が終わります。手術完了後は、患者様の体調が問題なければご帰宅いただけます。

患部の確認と消毒

手術の翌日にご来院いただき、術後の状態の確認と消毒を行います。

治癒期間

手術後1週間ほどで抜糸し仮歯を入れます。その後は、最短で1~2ヶ月の治癒期間をおいてから人工歯を装着します。

人工歯の装着

咬み合わせをチェックしてから仮歯を取り、セラミック製の人工歯を装着します。

定期検診・メインテナンス

インプラントを長持ちさせるためには、定期的にメインテナンスしていくことが大切です。できるだけ定期検診を受けていただき、インプラントだけでなく残っている自然な歯も長持ちするよう、口腔内環境を整えていきましょう。お口の健康は、日々の活力につながります。当院は、患者様により豊かな人生を楽しんでいただけるよう予防歯科を重視し、「気持ちよく受けていただける定期検診」を目指しております。

院内技工所で詰め物・インプラント・入れ歯などを作ります

セラミック素材で虫歯治療などの詰め物、インプラント、入れ歯などを専門に作るのが歯科技工士です。「なかむら歯科医院」は院内に技工所があり、提携の歯科技工士が患者様一人ひとりに合わせてセラミックを加工し作製しています。

CAD/CAMシステムを用いた「セレックシステム」によって緻密に設計し、セラミックを削りだしていきます。歯科技工士が常駐していますので、治療に合わせたきめ細やかな調整も可能です。

当院の入れ歯治療について

「咬み合わせが悪くて違和感を覚える」「食事中によく外れる」といった入れ歯のお悩みはございませんか? 「なかむら歯科医院」では、患者様のお口の状態に合わせた「快適な入れ歯」を追求しております。

入れ歯の素材や作りは、保険外診療を含めると多種多様です。当院では患者様のご要望をお聞きしながら、「使いやすさ」「耐久性」「費用」などさまざまな面を考慮して最適な入れ歯をご提案いたします。当院は技工所併設なので、入れ歯の作製はもちろん、調整・修理といったアフターケアまで柔軟に行うことが可能です。

取り扱い入れ歯

入れ歯には「保険診療」と「保険外診療」があり、機能性・耐久性などが異なります。「入れ歯初心者なので手頃なものから使ってみたい」という方は保険診療、「多少費用が高くなっても着け心地を重視したい」という方は保険外診療、といったように、ご要望に合わせて入れ歯をご提案いたします。

レジン床義歯(保険診療)

保険診療のプラスチック製の入れ歯です。安価で、壊れても修理がすぐにできるのがメリットです。

金属床義歯(保険外診療)

薄く作れるので装着感がよい、軽い金属製の入れ歯です。熱がしっかり伝わるため、保険診療の入れ歯よりもお食事の際の違和感を減らすことができます。

ノンクラスプデンチャー(保険外診療)

金属バネを使用しない入れ歯で、装着感に優れています。高価ですが見た目も自然な仕上がりです。

ドクターからのワンポイントアドバイス

「インプラントも入れ歯、ブリッジもアフターケアが重要です」

インプラント治療後に気を付けていただきたいのがインプラント周囲炎です。これは歯ぐきとインプラントの隙間に歯周病菌が入り、炎症を起こす病気です。進行すると顎の骨が痩せ細り、インプラントが抜けてしまう可能性があります。毎日のブラッシングでホームケアをするのはもちろんのこと、歯科医院での定期検診をおすすめいたします。

入れ歯やブリッジもインプラント同様、アフターケアをすることで快適にお使いいただけます。お口の中の環境は、時間の経過とともに変わるもの。ズレや違和感などが出てきた場合には、歯科医院で調整してもらいましょう。入れ歯のクリーニングに関しても定期的に歯科医院でメインテナンスしてもらうと安心です。

お口の健康のためには、定期検診・メインテナンスが何よりも大切です。

なかむら歯科医院の予防歯科について

健康的でさわやかな印象を与える白い歯を手に入れてみませんか?

なかむら歯科医院の審美歯科・ホワイトニングについて