定期検診・予防の重要性

  • ホーム
  • 定期検診・予防の重要性

当院では定期検診の大切さを感じている方が増えています

「なかむら歯科医院」は、定期検診をとても大切にしています。「歯が痛くて我慢できない」「奥歯がグラグラしてきた」といったお口のトラブルで当院にお越しになれば、もちろん患者様に合った適切な治療をさせていただきます。しかし、治療が終了すれば、すべてが“終わり”というわけではありません。本当の意味での「お口の健康」を守っていただくため、ぜひ定期検診をご利用いただければと思います。

なぜ定期検診が必要なのでしょうか

「治療が終わって虫歯が治ったから、もう歯医者に行く必要はない」と思う方もいらっしゃると思います。しかし、どんなに気を付けて食後にブラッシングをしても、虫歯や歯周病の原因菌を完全に取り除くことはできません。

定期的なメインテナンスを受けずにそのままにしておけば、再び虫歯や歯周病になってしまうでしょう。我慢できない痛みやひどい症状が出てから歯医者に駆け込む患者様のなかには、「もう少し早く来ていただければ抜かずに済んだかもしれないのに……」と胸が痛くなる状態の方も少なくありません。

歯を失ってしまった場合、入れ歯などで補うことはできますが、天然の歯とまったく同じ機能・快適さを求めるのは難しいものです。だからこそ定期検診を受け、早期発見・早期治療を行うことが重要なのです。「定期検診を受ければ費用がかかる」と思われるかもしれませんが、虫歯や歯周病が悪化してから治療を受けるほうが費用もかかり、また、身体的な負担もかかってしまいます。

当院では患者様の半分近くの方が定期検診を受けています

「なかむら歯科医院」では、患者様の半数近くの方が定期検診・メインテナンスを受けられています。特別意識の高い患者様が集まったというわけではなく、当院に通われるうちに定期検診・メインテナンスの大切さに気付いていただけたケースがほとんどです。その結果、多くの方のお口のトラブルを未然に防ぐことができ、皆様快適な食生活を送っていらっしゃいます。

高齢になっても入れ歯やインプラントに頼ることなく、自分の歯で食事を楽しむことが、豊かな生活「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)」を送るためには必要なエッセンスです。当院では3ケ月に1回のペースで定期検診にお越しいただくことをおすすめしています。美容院に行かれるような感覚で、お口のケアをご利用いただければと思います。当院は近鉄大阪線河内国分駅からすぐの便利な場所にありますので、気軽に「お口のお手入れ」にお越しください。

定期検診の流れ
診察

虫歯にかかっていないか診察し、咬み合わせの問題などをチェックします。

症状確認

歯ぐきの状態を診て、歯周病の症状が出てないか診察します。

ブラッシング指導

歯の表面の汚れやプラークを薬剤を使って赤く染め出し、ブラッシングのサポートを行います。

歯石除去

虫歯や歯周病の原因となる歯石をスケーラーという専用器具を使って、丁寧に取り除きます。

クリーニング

ブラッシングによるホームケアでは落としきれない、虫歯菌や歯周病菌が作るバイオフィルムを専用の器具を使って丁寧にクリーニング(PMTC)していきます。

終了

歯石や歯の表面の汚れを除去することによって、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境に整えることができました。

本当の意味での治療とは~虫歯は生活習慣病です~

虫歯は生活習慣に大きく影響を受けます。
「お口の細菌の数や種類」「だ液の量や質」「ブラッシングの仕方」などは生活習慣によって異なり、それが虫歯や歯周病などにかかるリスクを変化させます。
そのため、虫歯は生活習慣病の一つとして捉えることができるのです。

お子様の歯の健康は、ご家族の意識で変わります。

お子様の歯の健康は、お母様の意識で変わります

虫歯へのなりやすさは、生まれる前からある程度決まっているといえます。その理由は親御様からの遺伝です。例えば親御様の唾液がさらさらしていて虫歯になりやすい場合、そのお子様も虫歯になるリスクが高まります。

さらに、ご家族と同じような虫歯になりやすい生活習慣を続ければ、お口の中の環境も似てしまい、虫歯リスクを引き上げてしまいます。

当院では、歯の健康は「生まれてから年を取るまで」ではなく、「生まれる前から年を取るまで」と考え、小児歯科はもちろん、マタニティ歯科にも力を入れています。ご家族全員で歯医者に対する意識を変えてもらうことが、お子様の生涯の歯の健康への近道だからです。

また、ご家族全員が定期検診に通い、正しい知識を持って健康な歯を維持することで、子どもは「歯医者は病気になったら行く場所」「歯医者は怖いところ」といった苦手意識を持つこともなくなるでしょう。

本当の治療を実現するために

当院を訪れる患者様の中には、「歯が痛くなったから苦手だけど来ました」という方は少なくありません。
痛くなった歯を治すことはもちろん大切ですが、虫歯になった歯を治すのは「治療」ではなく「処置」です。それよりも痛くならないためにどうするべきかを一緒に考えること、それが本当の意味での治療だと考えています。
そこで重要なのが予防です。
たとえば、お子様の歯がない段階から脱脂綿で口の中を拭いて馴らしていくことで、歯を磨くことへの抵抗も少なくなります。また、虫歯になりにくいおやつを選んであげることも重要なことです。
このように環境づくりが大切。当院では、虫歯に対する意識づけはもちろん、虫歯になりにくい環境づくりからサポートしています。

ある程度の年齢になってから環境を変えることは大変です。
そこで当院では親御様と協力しながら、小さなうちに虫歯になりにくい習慣や歯医者への意識を「当たり前」にしていくことをご提案しています。

お口の環境づくりは全身の健康につながります

お口の環境づくりは全身の健康につながります

虫歯になって食べ物を咬めなくなれば胃腸障害になるリスクが高まります。
消化を助ける胃酸は、咬むことで分泌されますが、しっかり咬めなくなれば胃酸が出なくなってしまいます。それが原因で胃腸障害になり、慢性化すればガンのもとになる可能性もあります。
それ以外にも免疫障害を引き起こして身体が弱くなってしまい、それが原因で精神的なダメージを受けることもあるでしょう。

お口の中の健康を守ることは、全身の健康を守ることと同じことです。
当院では、患者様の習慣から治療し、生涯にわたって健康なお口を保つお手伝いをしています。

お口の健康のためには、定期検診・メインテナンスが何よりも大切です。

なかむら歯科医院の予防歯科について