歯が痛い(虫歯治療)・歯ぐきから血が出る(歯周病治療)

  • ホーム
  • 歯が痛い(虫歯治療)・歯ぐきから血が出る(歯周病治療)
  • 虫歯・根管治療
  • 歯周病治療
  • 口臭外来
  • 口腔外科
  • バクテリアセラピー

歯が痛い~虫歯・根管治療~

「冷たい物を飲むとしみる」「奥歯がズキズキと痛む」といった症状がある方は、もしかしたら虫歯かもしれません。当院では、小さなお子様からご年配の方まで丁寧に診察・診査を行い、患者様の状態・ご要望に合わせた治療を行っています。

虫歯は早めの治療が大切です

虫歯は、初期の段階では痛みがほとんどありません。「食べるときに痛む」「何もしなくてもズキズキする」といったはっきりとした症状が出てきたときは、すでにかなり進行している場合がほとんどです。虫歯が悪化すると、痛んでストレスになるだけでなく、治療が長引き経済的な負担も増えていきます。「また今度」と考えず、早めの治療を心がけていただければと思います。

虫歯とは?

虫歯とは、お口のなかにいる細菌が糖分をエサにして「酸」をつくり、その酸によって歯が溶かされてしまう病気です。ごく初期の虫歯ならブラッシングで自然治癒する可能性もありますが、痛みがある状態まで進行すれば自然治癒は期待できません。当院はダイアグノデントという装置を使用し、虫歯の進行状態などを無痛かつ正確に診断いたします。

C0(初期の虫歯)

虫歯菌によって、歯の表面のエナメル質が溶けて白く濁った状態。まだ歯に穴が開いていないので見た目ではほとんど分からず、痛みもありません。

治療法

適切なブラッシングやフッ素塗布などを行えば進行を防ぎ、再石灰化により自然に治る可能性もあります。

C1(エナメル質の虫歯)

まだ痛みは出ませんが、エナメル質がより溶けて、黒ずんで見えます。再石灰化による自然治癒は期待できませんので歯科医院で治療を受けることをおすすめいたします。

治療法

患部を削り、レジン(歯科用プラスチック)などでしっかり密閉して虫歯菌が入らないようにします。

C2(象牙質の虫歯)

エナメル質のなかの象牙質まで虫歯が到達している状態です。痛みはときどき出る程度ですが、象牙質はやわらかいため、虫歯の進行が早く大きく広がっていきます。

治療法

虫歯になっている部分をきれいに取り除いて、レジン(歯科用プラスチック)などで密閉し、虫歯菌が入らないようにします。患部が神経に近いため治療後は冷たい物を飲むと歯がしみることがあります。

C3(神経まで冒された虫歯)

歯の神経まで虫歯が到達した状態。激しい痛みにおそわれ、我慢するのも辛くなってきます。

治療法

虫歯菌が歯の神経にまで到達した場合、かつては抜歯することが当たり前でしたが、当院では、患者様の大切な歯を残すために根管治療を行います。

重度の虫歯は抜かずに「根」を治療します

根管治療」とは、歯の根を通っている「根管」から虫歯菌に冒された神経や血管をきれいに取り除き、消毒して薬剤を詰めていく治療法です。治療後はクラウン(被せ物)を被せます。

根管は細かく、複雑な作りになっているため難易度の高い治療ですが、当院は丁寧・精密に根管治療を行うことで虫歯の再発をしっかり予防します。

C4(末期の虫歯)

虫歯菌に冒され、歯の根っこしか残っていない末期状態です。神経が死んでいるので痛みを感じなくなりますが、根もとに膿がたまるとまた痛み出します。

治療法

多くの場合、抜歯になります。抜いたあとはインプラントやブリッジ、入れ歯などで補っていきます。

根管治療は完治するまで通院しましょう

根管治療は、1回~2回の通院で終わりません。というのも、「根管内の神経や血管を取り除く」「消毒する」「薬剤を充填する」といった各工程を確実に行っていく必要があるため、どうしても治療期間が長くなってしまいます。
そこで注意していただきたいのは、「治療を途中で中断しない」ということです。治療が終了していない状態で通院をやめてしまうと、せっかく快方に向かっていた虫歯が悪化して、歯を失うリスクが高まります。できるだけドクターから提案された治療計画に沿って、最後まで治療することをおすすめいたします。

歯ぐきから血が出る・腫れる~歯周病治療~

歯周病は、歯周病菌に感染することで炎症が起きる病気です。虫歯はひどくなる前に「痛み」のサインが出ますが、歯周病は痛みが少なく、知らず知らずの間に進行してしまう怖さがあります。「歯がグラグラしてきた」といって歯科医院を訪れたときには、すでに末期ということも少なくありません。

歯周病について

こんな症状はありませんか?
  • 「ブラッシングをすると歯ぐきから血が出る」
  • 「朝起きたときに口のなかがネバネバする」
  • 「口臭が気になる」
  • 「歯と歯の間に隙間ができてきた」
  • 「かたい物が咬みにくい」
  • 「歯ぐきが赤く腫れている

これらの症状にひとつでも当てはまっていたら、歯周病かもしれません。歯周病は高齢の方がかかる病気と思われがちですが、最近では10代や20代でも発症しています。日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病です。虫歯と同じく、できるだけ早い段階で治療することが大切です。当院では、患者様一人ひとりのライフスタイルに合わせて、お口の健康を守るため適切な方法をご提案いたしております。

歯周病の原因とは?

歯周病は、歯垢のかたまり「プラーク」に潜む歯周病菌が原因となって引き起こされます。毎日のブラッシングでプラークを落とし、歯科医院でのクリーニングなどのプラークコントロールを確実に行うことで、この歯周病菌を減らすことができます。

歯周病は全身に影響を与える病気です

歯周病はお口のなかだけでなく、全身に悪影響を及ぼすことが分かっています。たとえば歯周病菌が血管内に入った場合には、血栓ができやすくなることで動脈硬化や心筋梗塞のリスクが上昇します。また、歯周病菌を含んだ液が気道に入ることで、肺炎になってしまうこともあります。妊娠中の場合は歯周病が早産や低体重胎児出産の原因となるケースもあるため、より一層の注意が必要です。

歯周病の進行と流れと治療法
歯肉炎

歯周病の初期段階である歯肉炎になると、ブラッシングのときに出血したり、歯ぐきが腫れたりします。

治療法

歯周病の原因となるプラークを取り除くため、正しいブラッシングのサポートを行います。また、専用器具を使って歯石や汚れを除去します。

初期歯周炎

歯と歯ぐきの間の歯周ポケットができ、細菌のかたまりであるプラークがたまりやすくなります。

治療法

ブラッシングのサポートと、スケーリングを行います。スケーラーという専用器具を用いて、歯に付着しているプラークや歯石を除去していきます。

中等度歯周炎

炎症が進むことにより歯周ポケットの深さが3mmを超え、プラークがいっそうたまりやすくなります(正常な状態は約3mmです)。歯の周りの歯周組織にまで炎症が及ぶことで、歯を支える顎の骨にまで影響を及します。

治療法

スケーリングで除去しきれないプラークや歯石は歯周ポケットの深いところまで届く「キュレット」と呼ばれる、専用器具で除去していきます。それでも腫れが引かない場合は、歯周ポケットを取り除く外科手術のほか、症状に合わせた処置を行います。

重度歯周炎

歯周ポケットの深さが6mm以上になると、あごの骨の3分の2以上が溶け、歯がぐらぐらと動き不安定になってきます。口臭がさらにきつくなり、歯ぐきから出血が起きたり膿が出てきたりすることもあります。

治療法

細菌で破壊された歯周組織に働きかける再生治療を行います。「エムドゲイン」「GTR法」などの治療法があります。

ドクターからのワンポイントアドバイス

「治療が完了しても、それで終わりではありません」
実をいうと、詰め物や被せ物などで治療をしたからといって、虫歯や歯周病が完治したとはいえません。というのも、虫歯・歯周病の原因となる細菌は、必ずといっていいほどお口のなかに存在しているものです。ですから、“再発防止”するために大切なのは毎日のブラッシングで汚れをしっかりと落とし、さらにはホームケアだけでは除去しきれないプラークや歯石を、歯科医院で定期的にクリーニングすることです。再び虫歯や歯周病にならないためのケアを、欠かさないようにしましょう。

歯周病の治療法

歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術

軽度~中等度の歯周炎に行う外科的処置です。歯ぐきに麻酔をしてから、歯周ポケット(はと歯ぐきの間)にたまったプラークや歯石を専用の器具で除去します。

フラップ手術

フラップ手術

中等度~重度の歯周炎に行う外科的処置です。麻酔後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、歯根に付着しているプラークや歯石、感染している周囲の組織を取り除きます。

GBR法(骨誘導再生法)

GBR法(骨誘導再生法)

中等度~重度の歯周炎に行う外科的処置です。歯周病により顎の骨幅や高さが足りない場合に、骨量を増やす治療法です。メンブレンという骨組織の再生を促す特殊な膜を使用します。

エムドゲイン法(歯周組織再生療法)

エムドゲイン法(歯周組織再生療法)

重度の歯周炎に行う処置です。エムドゲインは、歯周ポケットが6mm以上の歯周炎の治療に使用する薬剤です。患部に塗布して歯周病で溶けてしまった顎の骨を再生します。

歯周病におけるセルフケアの重要性

プロケアとセルフケアの「両立」が大切です

歯周病になってから治療をすることはもちろん大切ですが、病気になる前に予防することはそれ以上に重要です。日頃から歯科医院での予防(プロケア)とセルフケアを心がけることで、歯周病のリスクを、ひいては将来的に歯を失うリスクを回避できます。

定期検診で口腔内の状態を確認するのはもちろん、歯科医による「SPT(歯周病の再発・進行を予防するクリーニング処置)」を受けたり、正しいブラッシング方法を指導してもらったりすることで、歯周病を効果的に予防できます。

しかし、定期検診を受けるだけでは十分ではありません。重要なのは、定期的なプロケアと毎日のセルフケアの両立です。ご自宅で生活習慣の改善や正しい口腔内ケア商品を用いたセルフケアに努めることで、健康な口腔内環境を維持できるのです。

お口に最適なセルフケアグッズを選びましょう

現在では、歯周病予防を目的としたさまざまなセルフケアグッズが販売されています。歯周病の症状や口腔内の状態によって最適なアイテムを選択することが、効果的な歯周病予防につながります。

ひとくちに「最適なセルフケアグッズを選ぶ」と言っても、その種類はさまざま。最近選ばれる方が増えているマウスウォッシュを例に取っても、虫歯に効果的なもの、酸触症(酸性の食品や胃液によって溶かされる病気)にも効果があるもの、そして歯周病菌に強いものなどリスクタイプによっていくつも商品があります。歯ブラシや歯間ブラシにおいても、歯並びの状態やセルフケアスキルなどによってサイズや硬さ、ヘッドの形などが異なるものを選択できます。

大阪府柏原市の歯医者「なかむら歯科医院」では、定期検診を通して一人ひとりの口腔内の状態に最適なセルフケアグッズを提案。患者さんの歯周病予防をプロの視点でサポートいたします。お口の中を健康に保つために、お気軽に当院までご相談ください。

当院で取扱っているセルフケアツールはこちら

口臭外来

口臭外来

このようなことはありませんか? なかなか気づきにくいお口からの臭いでお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、口臭はとてもデリケートな問題なので、他人には相談しにくいもの。
それが歯科医師だとしても、相談して「気のせいですよ」「ちゃんとブラッシングしていますか?」「歯周病が原因なので、しょうがないですね」と言われてしまったら……。
そんなお悩みを相談できずに過ごしている方は、お気軽に当院の口臭外来までお問い合わせください。口臭には原因がありますので、測定器を使って科学的に検査したうえで治療すれば、改善することができます。

当院の口臭治療について
当院の口臭治療について

 

当院の口臭治療は、口腔内ケアを基本とした治療を行っています。測定器を使い口臭の原因を探ることで、適切な治療方法をご提案。また、歯科医院による口腔ケアに加え、患者様がご自身できるセルフケアについてアドバイスし、口臭の改善に努めています。患者様の症状によっては「バクテリアセラピー」に基づき、L.ロイテリ菌を使用した治療を提案する場合もあります。

さらに、歯科医院での口臭治療で重要なポイントは、口臭治療から内臓疾患を発見することでもあります。当院では、内臓疾患の可能性がある患者様には、専門の医療機関をご紹介し迅速な治療を心がけています。

親知らずが生えてきた~口腔外科~

当院では、親知らずの抜歯をはじめとした外科手術も行っております。「歯をぶつけて折れてしまった」「唇が切れてしまった」といった外傷の治療も可能ですので、トラブルの際はできるだけ早めに当院までご相談いただければ幸いです。

親知らずについて

傾いたり埋まったりしている親知らずは、しっかりブラッシングできないため虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。また、歯ぐきに負担がかかって腫れてしまうこともあるため、そういった親知らずは抜歯する必要があります。

抜かない親知らずもあります

「親知らずならなんでも抜歯する」、というわけではありません。まっすぐ生えてほかの歯の邪魔にならず、しっかりブラッシングできる親知らずであれば、そのままにしておきます。親知らずがどのように生えるかは事前に予測できますので、まずは定期検診などでチェックしてみることをおすすめいたします。

八尾市民病院の登録医として、「医科歯科連携」を行っています

虫歯菌や歯周病菌は、口腔内だけでなく全身にも悪影響を及ぼします。特に病気で体の弱っている患者様は、虫歯菌や歯周病菌によってその他の感染症にかかってしまうリスクが高く、注意が必要です。

予防医学の先進国からやってきた~バクテリアセラピー~

バクテリアセラピーとは

「バクテリアセラピー」は、ヨーロッパで誕生した新しい予防医学。まだ日本では聞きなれないかもしれませんが、すぐれた善玉菌(L.ロイテリ菌)を体内に取り入れることで、菌のバランスを整えながら体質を変えていく細菌療法です。すでに世界63の国と地域で採用されています。

バクテリアセラピーとは

細菌というと、ちょっと驚いてしまうかもしれませんが、摂取する善玉菌はもともとヒトの体にあったものですので、副作用などもなくどなたにも優しいのが特徴です。普段の歯医者さんでの治療にプラスして、善玉菌を摂るだけで口腔内および全身を健康へ導きます。

L.ロイテリ菌とは

L.ロイテリ菌とは

「L.ロイテリ菌」は、ヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌であるプロバイオティクスの一種。とくに母乳を飲む赤ちゃんのおなかにあるといわれています。

体内に天然の抗菌物質を産生すると同時に、ヒト免疫システムを整えながら、さまざまな病気の予防・治療に働きかける性質を持っています。

L.ロイテリ菌をつづけて摂ると、こんないいことが…

虫歯の原因菌を減らします

虫歯の原因菌を減らします

2週間連続摂取することで、虫歯の原因菌が約80%減少したというデータがあります。

歯周病の原因菌を減らします

歯科医院で受けるプロのケアとの組み合わせることで、その効果は倍増します。歯周病が約90%減少したというデータがあります。

口臭を減らします

L.ロイテリ菌を1週間ほど摂取したところ、起床時の口腔内の不快感(ネバネバ感など)の軽減や口臭が気にならなくなったなど、実感される方がいらっしゃいます。

便秘・下痢の方の便通を整えます

便秘・下痢の方の便通を整えます

毎日の便の量が増えたり、臭いが減少したりといった変化を実感していただけます。

胃のピロリ菌を減らします

L.ロイテリ菌を30日間摂取したあと、胃炎の症状が軽減。約60%の方が、ピロリ菌が消減したというデータがあります。

アレルギー炎症を軽減します

アトピー性皮膚炎の諸症状である湿疹の表面積・かゆみや、花粉症の症状を軽減します。1年で約57%も湿疹面積減少したというデータがあります。

自分の歯を失ってしまった方には
インプラント治療・入れ歯治療で、自然の歯に近いお口の状態に近づけます。

なかむら歯科医院のインプラント治療・入れ歯治療について

健康的でさわやかな印象を与える白い歯を手に入れてみませんか?

なかむら歯科医院の審美歯科・ホワイトニングについて

お口の健康のためには、定期検診・メインテナンスが何よりも大切です。

なかむら歯科医院の予防歯科について